Tシャツ

転写プリントでTシャツ制作

自分で撮影した写真をTシャツにしたい、そんな人は「オリジナルTシャツ」を作ってみましょう。たまに自分で制作する人もいますが、素人ではなかなかうまくいかないので、制作業者に依頼するのがベタです。写真を使ったTシャツ制作は転写プリントになるので、転写プリントが得意なオリジナルTシャツの製造業者を選びましょう。
版を作ってインクを乗せる制作方法が得意なところもあれば、ジェットスクリーンプリントが得意なところもあり、それぞれに得意分野があります。また、生地選びも慎重に選びましょう。転写プリントが向いている生地があれば、向いていない生地もあります。きれいにカラーを乗せるためにも、できるだけ転写プリントにふさわしい生地を選びましょう。転写プリントを選んだらお手入れにも気を使わなければなりません。お湯洗いや漂白入りの洗濯洗剤を使うのは早く色落ちする原因となります。色落ちしやすい素材といっしょに洗濯するのも良くないのでなるべく避けましょう。また、写真のカラーとオリジナルTシャツのカラーのコーディネートを考えて選ぶことも大事です。合わないカラーはできるだけ避けましょう。特にカラー写真をプリントする場合は、配色に気を使わなければなりません。

Tシャツ制作は生地選びが大切

「オリジナルTシャツ」は、生地にこだわりましょう。いくら短期間だけ使うといっても、がさがさした生地で最悪の肌触りでは不愉快な思いをしながらオリジナルTシャツを着用することになります。気持ちよく着用できる肌触りの良いオリジナルTシャツの素材選びが大事です。コットンは最も肌にやさしい素材で、同じコットンでもやわらかいタイプとはりのあるかたい素材があります。実際に完成したらイメージした肌触りではなかったという失敗例もあるので要注意です。
後々後悔することがないように、生地の質をチェックしておきましょう。ポリエステルはコットンほど肌触りはよくありませんが、乾きやすいのでスポーツ用のTシャツに適しています。2つのメリットを融合させたコットンとポリエステルをミックスした素材もあるので、オーダーする前にどんな素材を扱っているのか確認しておきましょう。また、生地によって織りかたもさまざまで、表面がフラットなタイプとでこぼこしたタイプがあります。
表面がでこぼこしたタイプのほうが肌につきにくいので、夏場は快適です。また、扱っているプリント方法にどんな方法があるのかチェックしておきましょう。色落ちしにくいインクが使われてるか確かめておくことも重要です。

オリジナリティーのあるTシャツを制作しよう

世界にひとつだけの「オリジナルTシャツ」をつくるなら、どこにでもありそうなものではなく、オリジナリティーのあるデザインを制作しましょう。普通のプリント方法ではつまらない、そんな人は立体感のあるモコモコプリントがおすすめです。触るとふわふわしていて、オリジナルTシャツの文字や柄もキュートに仕上がります。
また、ラインストーンを用いた制作方法もありそのようなオリジナルTシャツは女性に人気です。宝石のようなゴージャスな輝きで存在感があります。この制作方法の場合、全体に使うとやり過ぎた感じになってしまうので、部分使いがおすすめです。ラメを使ったプリント方法も、カジュアルで個性的に仕上がります。ただラメを使い過ぎてしまうと汚ならしい仕上がりになってしまうこともあるので、注意しましょう。
オリジナルTシャツ制作は、業者選びにすべてがかかっていると言っても過言ではありません。感じよく親身になって対応してくれるスタッフがいる業者を選びましょう。顔を合わせて制作する、電話で見積もりをするなら特に心配はありませんが、インターネットを利用して制作する場合は気を付けなければなりません。デザインがうまく伝えられないと、イメージとかけ離れたTシャツが完成してしまうこともありますので、良い口コミが多い業者を利用するとよいでしょう。


プリズマでオリジナルTシャツを作ってみませんか?すぐに納品し、作成までのスピーディーな対応ですので、満足度の高い業者さんです!オリジナルTシャツを作ってお出かけしましょう!

menu

2017年09月07日
見るだけで楽しめるロゴTシャツを更新しました。
2017年09月07日
Tシャツへのこだわりと合わせ方を更新しました。
2017年09月07日
ゆるTシャツは女性におすすめを更新しました。
2017年09月07日
自作Tシャツの注意点についてを更新しました。
TOP